SJCAM SJ5000PLUS 1.5LED

SJCAM SJ5000+ (plus) (プラス) を買ってWifiを使って撮ってみた!


SJ5000プラス 買っちゃいました(^^♪
まだ、買ったばかりで、テスト中ですが、動画の性能、タイムラプス、お勧め動画ソフトなどをレビューしていきます。

以下に、お店の説明や、公称スペックを書いていますが、実際にテスト数値も公開していきます。

まず、予備電池は必須で、すぐに、ACアタプター兼用シガライターもOKな予備電池付き商品の購入をおすすめします。

【追加で買ったもの】

これ買いました 家では100VのAC 車では12V 2個同時 満充電に2時間~でしょうか


SJCAM SJ4000/SJ5000/M10/SJ5000 Plusバッテリー用 AC/DC 2WAY トラベル バッテリーチャージャー [保証書付属] (SJCAM正規品 バッテリーパック2個セット)

↑Amazon
(特急で急いでいましたので、Amazonで購入 余裕があれば、楽天のバッグ付き電池セットを買ったかも)

これ買いました ドラレコ用に以前2枚買ったことがあるので


【Amazon.co.jp限定】Transcend microSDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応 (無期限保証) Newニンテンドー3DS 動作確認済み TS32GUSDU1E (FFP)

↑Amazon

↓急ぎでなければ、これ欲しかった、参考までに、12V充電以外は、とても魅力なセット

 


SJ4000シリーズ用 お買い得4点セット

楽天

【レビュー 動画と電池】

動画撮影での、電池の持ち具合。
ハイビジョン30Pでは、60分撮影出来ました(室内23度の室温 55分でローバッテリー警告)
ハイビジョン60Pでは 20分が2回と10分撮影出来ました。なぜか20分で一度修了し次のファイルで撮影が始まります。
充電時には、冷たいままの電池も、録画すると異常に熱いです。

Amazonで買いましたが、その時の同梱電池に限って、何かしら誤動作します、楽天の方ikeshop SJ5000プラス【送料無料】がサービス品も含めてよかったと思います、とにかく急いでましたので。

【レビュー Wifi 制御とスマホアプリ】

▼アプリは googleストアより「SJCAM」で検索して「SJCAM HD」をダウンロードとありますが、出来ません、5000プラスについては、Androidは、「Linkin Eyes」でないと動きませんでした。 iosについては不明。

Androidは、「Linkin Eyes」

 

 

 

 

 

【レビュー SJ5000プラスWifi 接続方法】

初回は、SJ5000側の側面↑ボタンか、設定でWifiをオンにして。

スマホ側は、「設定」から、「wifi」でSJ5000の名前を探して、暗証番号を入力。

自分で触らなければ「12345678」 (メニューから「wifiのパスワード」で見られます)

 

●2回めからは、いきなり「アプリを起動」繋がっていなければ、スマホ側のwifi設定画面になるので、接続を押す

「接続」と出たら(自撮り棒とかの設定と同じ) スマホの戻るを押すと、アプリに戻り接続状態となる。

スマホ画面には、SJ5000プラスの画像がリアルタイムに表示される

【レビュー 遠隔操作の可能な距離は?】

屋外見通しでギリギリ30m弱、スマホの能力や環境に左右されるので、目安はもう少し少なめがいいかも、なぜならブロックノイズが時たま出ました。しかし、デジタルズームの操作も、タイムラグがありながらも、可能でした。

 

【お勧めの機能 SJCAM SJ5000プラス】

————————————————-
GoProに負けない高画質!さらに進化した話題の多機能ウェアラブルカメラ【送料無料】Wi-Fi対応
楽天市場 日本語説明書付き
SJCAM SJ5000+ (plus) (プラス)
アクセサリーがGoProと互換品多数! 安い! アクションカメラ 液晶画面も防水ハウジングも
最初から付いていて、フルハイビジョン30Pも60Pも撮影出来て。 Wifi内蔵!スマホから
リモート・コントロール可能、デジタルズームや、録画開始、停止なども制御可能。
スマホで、動画を再生確認も出来る。 タイムラプス用連続写真も撮影可能。

↑ レビュー400件オーバー!実際に購入した製品が古くリンク切れになりましたので代替え参考商品を掲載します。

ショップなどに掲載の主な特徴です。
SJCAM SJ5000+ (plus)の場合
(ほぼその通りです、偽物はフロントのレンズ下に「SJCAM」のロゴがないそうです)
■さらなる高画質!1080P 60fps録画対応
■高感度高信頼性 パナソニック製CMOSセンサー搭載
■長時間の現象を圧縮記録!タイムラプスムービー録画
■スローモーションを高画質記録!720P 120fps & 480p 240fpsスロー録画
■Wi-Fi対応!スマホ・タブレットでライブビュー&遠隔操作
■16メガピクセル静止画撮影
■1.5インチ背面液晶ディスプレイ搭載
■4倍デジタル望遠機能搭載170°超ワイドレンズ
■エンジン連動録画/停止(ドライブレコーダーモード)&動体検知録画機能搭載
■32GBマイクロSDHCカード対応
■30m防水ハウジングケース&豊富なマウントアクセサリー付属
■GoProシリーズ用マウントアクセサリー対応

一応、公称のスペックです。

まずは1080P 60FPS, 720P 120FPSの動画撮れること。
60FPS動画は通常半分の速度で再生しても自然に見えます。120FPSはさらに半分!

それで、ドライブレコーダー用のために特別に開発されたカーモードがある。
録画中の画面出力も可能になりました。

また、防水も30メートルまで強化したようです。

もちろん、WIFI機能も対応できる。

▼動画撮影
解像度(fps):
Full HD: 1920*1080P 60/30 fps
720P: 1280*720P 120/60/30 fps
480P: 848*480P 240/120/60/30 fps

保存形式:H.264 High Profile Level 4.2 MP4

▼静止画撮影
解像度:
16M(4608×3456)
14M(4254×3264)
12M(4000×3000)
8M(3264×2448)
5M(2560×1920)
3M(2048×1536)
2M Wide(1920×1080)
1.2M(1280×960)
VGA(640×480)

静止画撮影モード:
単写モード
連写:OFF / 3 P/s / 5 P/s / 10 P/s / 10P/2s
セルフタイマー:オフ・3S・5S・10S・30S・60S
タイムラップモード
保存形式:JPEG

▼仕様
CMOSイメージセンサ:1/2.33” CMOS 16.37 MP (Panasonic MN34120PA)
レンズ:170°f= 2.99mm レンズ
液晶画面:1.5インチ 960*240
インターフェイス:マイクロHDMI/USB
ISO: 100, 200, 400, 800, 1600
記録メディア:micro SDカード(32GBまで)
画面出力:HDMI: 1920X1080P60
バッテリーライフ:1080p/約70分間(900mAH)
充電時間:約3時間
上書き機能:あり(動画は常時連続記録され記録メディアの容量を超えた時点で古いファイルから上書き保存されます。)
幅・高さ・奥行き:約60×41×24.7mm
本体重量:約79g(バッテリー含む)

▼付属品
防水ケース・USBケーブル・両面テープ・バンド・固定用バックル・ハンドル用ステー・商品リア保護ケース・ヘルメット用スタンド

↑上記のショップはほぼ在庫切れで、入手できません、以下の代替えショップのリンクを

貼っておきます、レビュー12件で4.33の評価です。

 

▼アプリ
googleストアより「SJCAM」で検索してダウンロードしてください。※Android・iOS共通とAmazonには記載していますが、そうではなさそうです SJCAM HDでは動きませんでした これは色々な購入先であるにもかかわらず、海外ユーザーの口コミや動画サイトでも、5000プラスは違うと書いてありました。
(↑ 上にも書きましたがアンドロイドでは、googleストアから「Linkin Eyes」)

【レビュー Wifi 制御とスマホアプリ】

↓googleストアから「Linkin Eyes」で検索。 余計な情報収集する様子もなく、事前にクレジットカードの情報入力も求めません。

Linkin Eyes SJ5000プラス Wifiコントロール

 

 

 

 

———————————-

タイムラプス動画 SJ5000+

 

 

 

タイムラプス動画のサンプルや設定方法はこちら

【レビュー ホワイトバランスと動画切り出し画像】

SJCAM SJ5000PLUS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(晴天逆光 ISOオート)順光でのディライトは花を撮影しても色再現性は良好、別途アップ予定

他のSJ4000 SJ4000wifi SJ5000Wifiの口コミからも、SJ5000プラスが最も色合いが地味かも、ホワイトバランス(特にオート)も、優秀とはいえません、コンデジのそれとは比べられませんが。動画のテスト撮影では、晴天は十分な色再現と考えます。

(そもそも内部では、晴天・曇・蛍光灯1種のみしか判断してない デジカメは電球色・蛍光灯も白色・昼光色まで判断していますので、そのつもりで撮影するといいでしょう。雪の晴天時には位置がレフでも+補正をします。)

タイムラプス機能とスロー動画機能を優先したのでAWBは想定内です。 動画ソフト側で一発補正可能と考えています。

 

【レビュー SJ5000プラスとパナソニックFZ1000を持って撮り比べた】

もう一度見る SJ5000プラス Vs FZ1000 新しい画面でYouTubeへ

左がSJ5000プラス AWBはディライト(晴天色)
SJCAMのSJ5000プラスとパナソニックFZ1000でホワイトバランス・色合­いなどを比較してみます。 SJ5000プラスに手ぶれ補正もないし、広角すぎて、画角も違いすぎて比べる意味は­?とも思いますが、FZ1000も一緒に持って走ってますので、比較というよりそれぞ­れ参考になれば。フード無しなのでむき出しレンズのSJ5000プラスはフレアーが出­るのは仕方がないです。(防水ハウジングはつけていません、台風のあとなので風切音が­凄すぎて音声カットです、SJはAWBディライト、FZはオート)

手ぶれ補正のないSJ5000プラスにスタビライザーなしで、FZ1000に挑んでも仕方ないのですが。

これ以外にも、SONY空間認識手ぶれ補正対、パナソニクFZ1000、EOSkissハイビジョンとの画質

比較などを編集中です。

 

 

【お勧めの機能 SJCAM SJ5000プラス】

————————————————-

GoProに負けない高画質!さらに進化した話題の多機能ウェアラブルカメラ【送料無料】Wi-Fi対応
楽天市場 日本語説明書付き
SJCAM SJ5000+ (plus) (プラス)
アクセサリーがGoProと互換品多数! 安い! アクションカメラ 液晶画面も防水ハウジングも
最初から付いていて、フルハイビジョン30Pも60Pも撮影出来て。 Wifi内蔵!スマホから
リモート・コントロール可能、デジタルズームや、録画開始、停止なども制御可能。
スマホで、動画を再生確認も出来る。 タイムラプス用連続写真も撮影可能。

↑ 実際に購入したモデルはショップの売り切れのためリンク切れです、参考に別のお店の同型商品を掲載しています。

楽天 日本語説明書付き

アクションカメラも最初は小さくて軽い!と感じますが実際に動きながら使うとその質量から邪魔に感じることも多くなりさらに小さなものが欲しくなります。
————————

↑上記のショップはほぼ在庫切れで、入手できません、以下の代替えショップのリンクを

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

20150821 購入後に一度、ファームウェアアップデートしました。
http://www.sjcam.com/content/16-how-to-upgrade-the-sjcam-sj5000-action-camera-firmware
SJCAMのSJ5000プラス V2.5 のファームウェア 1.5 インチLCDスクリーンveresion:です
SDカードをPCに挿し、ダウンロード解凍した、SJCAM_FWUPDATE.binをルートにコピー後に
SJ5000+本体にSDカードを戻し、メニューからVerを表示し、その画面で、上部の録画ボタンを押す
とアップデートが始まります。
ここで注意なのが、アップデート作業時に、画面が真っ白になるかもしれないむねはサイトにも書い
てあるので、microHDMI 端子をつなげる環境を準備しておかないと、操作不能になるケースもあるよ
うです。本家Goproなら問題ないかといえば、様々なレビューには初期不良もあればご動作もあるよう
です、ファームウェアはすぐに最新に飛びつく必要はないと思います。
すこなくとも成功したので、本物なんだなと再確認できました。

SJ5000+ファームウェア2.5

初期バージョン2.1からのアップでした。アップデート後、動画が固まる現象が出ましたが、こんな時メニューから、一旦初期設定に戻します、または、使い回しのSDカードでも出る可能性がありますので新しいSDカードを入れます、PCで初期化とかしたのは大抵エラーだの、認識不良になるので絶対やらないほうがいいです。

しかし、モニターに1.5だの1.54だのがあるだなんて?しかもファームウェアの中身が異なるというのは
不思議です。

納入される個体がいつも同じとは限らないので、自己責任にてお願いいたします。

<ドラレコとしても>
楽天イケショップのドラレコセット ドラレコとして使うには高画質で信頼が高いセット
エンジン連動自動起動と終了、外せば30分から1時間程度のビデオカメラになる。

本体はSJCAM SJ4000 Wi-Fiモデルとなります。
32GBマイクロSDHCカード対応ですが別売です
SJ5000+との大きな違いはフルハイビジョンが60Pでないこと、タイムラプスがないことなどです。

これがSj5000+だと、手動ですがモード切替すれば、動体検知モードで防犯カメラになります。
電池の持ちは検知回数によって大きく異なります。
電源をつないだままエンジンを切ると一旦SJ5000+の電源も落ちてしまいますので、ちょっと手間はかかります。