農業耕作放棄地の雑草をバッサリみじん切りに!自走式草刈機 ハンマーナイフモアー 【オーレック HR662 刈幅650mm】 草刈り機

農業耕作放棄地の雑草をバッサリみじん切りに!自走式草刈機 ハンマーナイフモアー 【オーレック HR662 刈幅650mm】 草刈り機

農業耕作放棄地が増える一方の近頃、自走式の草刈機が売れているようです。
畦ならともかく、放棄地の元耕作地の面積はとんでもなく広く、肩がけ式で追いつくものではありません。
暇を見つけては、この大型草刈機で自走しながら刈ってもらって雑草のメンテンナスをしょっちゅうやらなければ、近所に迷惑をかけるだけの荒れ地に変身してしまいます。
優遇されてきた農地をメンテンナスまで放棄すると罰金などを科せられたりします。
(罰則等については地域により要確認)

楽天市場のオーレック社製 ハンマーナイフ 草刈機
以下はステンレス仕様

楽天市場のオーレック社製 ハンマーナイフ 草刈機
以下はキャタピラー仕様

沢山のこんな刃がブラブラとするように取り付けられ、ダラリとしたまま高速回転し、雑草に猛烈な勢いで当たります。
完全に固定すると逃げもなく大変に回転軸にもエンジンにもストレスですが、このハンマーで叩くような方式で32本もの刃で、ズタズタにしてくれます。

大型650mm刈り幅 オーレックハンマーナイフ

肩がけの草刈機で茎の長い雑草を切っても簡単には土に還りませんが、条件よりこの数センチに刻まれた雑草は土に肥やしになっていきます。

以下は湿地に強いキャタピラー式で軽快なターンをします。

メンテナンスが大変なのは農業機械につきものです、土が濡れているほどに雑草を砕く空間にビッシリとこびりつきます。
以下は、ハンマーナイフの土付き方と後半は、畦が得意な45cm幅の小型自走式スパイダーモアSP430のメンテです。

こんなバギーカーのようなものもありますよ!

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。