大阪の花火をホテルで鑑賞する!淀川花火のインターコンチネンタルホテルからの見え方

大阪の花火をホテルで鑑賞する!淀川花火のインターコンチネンタルホテルからの見え方

一日250万人が行き交う大阪・梅田駅へ、花火大会ともなると更に50万人の人出
しかも、時として彼女の浴衣も濡らす雷雨のことも、これでは河原に座っても泥だらけ
ただでさえ込み合う大阪の街で、エアコンとゴージャスなお風呂、大きな窓から度肝を抜かれる工夫を凝らした巨大な花火を大切な人と独り占めしてみたい。
ホテルでの花火鑑賞のだいご味はここにあり、素晴らしい感動でした。

インターコンチネンタル なにわ淀川花火 見え方
ウェブページ作成支援系コンテンツ

防音ガラスのためか、音は小さめにしか聞こえず「ポンポン」という音。
自分たちの歓声の方がはるかに大きかったです。

お部屋は、期間限定のダブルで、毎年花火大会の日程をみて予約開始となります、おそらく6月、7月でないと予約できないのでは。
2016年は花火大会は8月6日でした。

スマホより、ここはやはりコンデジ以上のモデルが綺麗!
高感度でブレの無いということで、コンパクトなデジカメで花火モード付のものを三脚につけて撮影すると。
静止画も動画もバッチリですが、、ガラス越しということもあり、ピント合わせのオートフォーカスが花火を見失うことがあります。
花火モードでも、ピントをマニュアルに出来るモデルがあればいいですね。

せっかくの花火なので、カメラ操作はそこそこに肉眼で楽しみたいので、そこは適当に

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

上のカメラは当日に実際に撮影したモデルです。

お部屋は普段食事なしなら2万5千円程度のアドバンスが、5万近くになっていました。
シャンパンや食事もついていますけどキャンセルも不可です。
しかしながら、最高の夜になりました!(^^)!

絶景夜景を愉しむロマンチックナイト

この記事の内容が役に立ったと思ったら、記事をソーシャルメディアで共有してね。