チェンソーの騒音 音とキレ味比較

DIYに使う チェーンソーの気になる騒音 音とキレ味比較


電動高枝チェーンソー

柄の長い「電動高枝チェーンソー」で初めて買って使ったのがこの深い緑色のモデルです。

3年目になって、だましだまし使っていますが
これ かなり切れます ただし よくチェーン刃が 外れます
修理しながら 調整しながら 使う人ならいいかも

そもそも チェンソーは 特に新品の時は チェーンがすぐ伸びます
なので こまめな 調整しながらでないと 外れてしまい
その 勢いから プラスチックの 押さえカバーを激しく痛めることも
一度チェーンの押さえカバーを痛めると、更に外れやすくなり、斜めに刃を入れられなくなります。
しかし、柄が長いせいもあって力が入りやすく、今でも一番切れ味のいいモデルの一つです。
ずいぶん値段は上がり傾向ですが。

最近では、このオレンジ色の商品に買い換えました。
元のもまだ使えていますが、何より短い!ので持ち運びしやすい、それなのに3分割タイプの柄なので伸ばすと今までの2分割タイプと同じ長さにまで伸びます。164cm~280cm

チェーンの刃も入手しやすい有名メーカー製です。
ただし、付属の20mのコードは本体から外すことは出来ません、一緒に持ち運ぶことになりますが、後からコードを買わなくてもいいですし、なにより勝手に抜けたりしません。
20mほどのコードはいずれにせよ必要になるので、付いていて良いと思います。

上の記事で紹介しました2機種の切れ味の比較動画を撮影してみました。

電動チェーンソー

よく見る山林でも使われるエンジンチェーンソーと同じ形の100電動版は、チェーンの長さと モーターの回転数の関係からか、食いついてからの、キレ味はまあまあで、高枝よりは時間はかかります
滅多に、使わなくて高いところがなければ、これでもいいかもしれません。
エンジンチェーンソーほどキックバックもしれてますし、音もそこそこ静かです。

コードが届かないところでは エンジン式にお世話になります

ですが、エンジン式はとにかく、すざましい音と猛烈な回転数です、ご近所に騒音が心配ならこれは無理

走っている バイクのチェーンとエンジンに 顔を近づけているようなものですから 恐怖心はあります

よく 説明書を読んで 使って下さい

いいもの 高いものほど 安全面での配慮が なされています

危険な状態(キックバック)などを 感じると チェーンが空回りします 

チェーンロックと 手の安全カバー兼用の ガイドも付いています

エンジン式 草刈機と同じように 燃料のガソリンと 潤滑オイルを
混ぜた 燃料 2サイクル用の 混合ガソリンで 動きます

マフラーが 超短いので 音は凄いです
動画サイトで 音を記録したものを アップする予定です

草刈機と 違うのは 燃料にオイルが入っていても チェーンにも 常
に オイルを 振りかける 構造なので (チェンソーはそういう仕様です)
別途に チェンソーオイルも 入れなければいけません

これが 出ていないと 切れてしまいます

DIY ツールのなかでも 結構 危険な部類なので 注意が必要です

—————————————-

追記

お勧めは 写真にはありませんが 最低でも
リョービ製の このくらいのモデルにしておいた方が良さそうです。

安全バーの 形状からして ロックや解除がしやすそうー
なんていうことも 一度も使った経験がないと 解るはずもなく


RYOBI エンジンチェンソー ES-3035

通販より いざというときは 実店舗の方がいいと 思いながらも
実店舗には 口コミデーターがなく 買って帰ってから 口コミを
みて 愕然 なんてことも

通販が必ずしも 安くない ということも 踏まえて 口コミや動画サイトでの 使いかた 比較などを 見るなりして 実店舗にするにしても 何回か通うつもりで 検討されるのがいいように思います